じゃらんじゃらん


青年海外協力隊平成21年度1次隊マレーシア・ソーシャルワーカーのブログ
by sanae-malaysia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:lain2 lagi(そのた)( 44 )

モノ作り

普段の活動では、(ない)頭を使うことがメインだったので、この2年間はいつも脳みそがお疲れ状態デシタ。



頭がパンクしそうになったときは、なにかの作業をしたりモノ作りをして紛らわせていました
いつのことだったか…思い悩んで本当にヤバかったときがあって、オフィスを抜け出し作業場に潜りこみ、作業台にひっついているボンドをはさみでそぎ落とす作業を1日中やってたこともありました…スタッフはそんなわたしを見て何も言わず、ただただそっとしておいてくれました…今ではスウィ―ト・メモリーです



モノを作っていると達成感とスッキリ感が得られ、心が落ち着くのです




ヒトにとって、モノ作りはかかせない。うむ。







a0131520_1065788.jpg



a0131520_1093383.jpg



a0131520_10124091.jpg













































これ、全部髪の毛をまとめるゴムなんですが、全部隊員仲間に教わって作りました。


この真ん中のお花ゴムが少し前にセンターで商品化されました。名前は「ポンポン」。


お裁縫って実は高度で、針が使える利用者さんはごくごく限られてしまうのですが…


できあがりがかわいいので、自分にも教えて欲しい!と女子の利用者さんは興味津津です。




ポンポンはお試しでやってみたのですが、売れ行きもまずまず〇、スタッフがフォローすれば継続できない状況ではないようなので、作り方をスタッフに申し送っておきました。7月の国際会議にはセンターの商品が大量に必要になります。それに間にあうといいなぁ。
















a0131520_10293267.jpg









マレイシアのTシャツの柄とケータイの着信音のセンスは、sanaemalaysiaの中では大ヒットです
[PR]
by sanae-malaysia | 2011-05-07 10:34 | lain2 lagi(そのた)

常夏の花

どうも。




今日は、熱帯地方の花を紹介します。



日本にいるときから生きた花を見てよく癒されていましたが、熱帯の花には癒しの効果に加えて、パワーをもらうことがあります

照りつける太陽に向かってまっすぐにのびている力強い花も多く、そんな花たちから力をもらえるのです



(写真はテノムで撮影したものがほとんどです)




a0131520_13392281.jpg



a0131520_134096.jpg


a0131520_1341570.jpg



a0131520_13414397.jpg


a0131520_14125656.jpg



a0131520_1414307.jpg



a0131520_14153198.jpg



a0131520_14162417.jpg


a0131520_1417717.jpg


a0131520_14174018.jpg



a0131520_1418185.jpg


a0131520_14185240.jpg











































































































































そしてこれが国の花(国の花=bunga raya)



a0131520_14213927.jpg





ラフレシア。
[PR]
by sanae-malaysia | 2011-05-04 14:23 | lain2 lagi(そのた)

「復興の狼煙」ポスタープロジェクト

被災地のクリエーターの方々が作った、被災地の人たちからのメッセージ





都会の電車の中などにも貼ってあるそうです



都会にいないわたしたちは、こちらから見るとしましょう



http://www.facebook.com/l/3f48bHA0zdJhLaoJuqFP7TdiRZg/fukkou-noroshi.jp/
[PR]
by sanae-malaysia | 2011-04-15 16:19 | lain2 lagi(そのた)

satu Malaysia, satu Jepun

今のマレーシアの流行語



a0131520_11464865.jpg





サトゥ マレーシア


サトゥ はひとつ という意味です。


マレーシアは、ひとつ


民族宗教いろいろあるけど、みんな一つになってがんばろう



















a0131520_11544182.jpg




サトゥ ジュプン



日本は、ひとつ



ひとつになってがんばろう











昨日のセンターミーティングの最後に、話が終わっていないのにぞろぞろと退出し始めていた先生・スタッフに対してCEOがシャウトした言葉





「日本はあんなに大変な目に遭った中でも、毎日礼儀正しく生きてるんだ!お前らも少しは日本人から礼儀を学べ!!! そうだろ?そこの日本人!」



そこの日本人 とはわたしのことです。









「メマン ラ。」 



「その通りです。」












さて、そろそろ事務仕事に取りかかるとします


今週は遠足で"タンブナン"という田舎に行く予定でしたが、いつの間にか延期になっていました。


ここで生活していると、on the way(途中) と同じくらい、postpone(延期)という言葉をよく耳にします。




でもこの天気じゃぁpostponeでよかったのかもしれない







今日はめずらしく、朝から雨がふっています
[PR]
by sanae-malaysia | 2011-03-26 12:15 | lain2 lagi(そのた)

情報共有

被災地からの情報を得るとても大切な内容です



阪神淡路のときとは状況が違います




今すぐにでもできることがあります




■日本ユニバーサルデザイン研究機構 /ユニバ震災対策本部

http://www.npo-uniken.org/





★被災地入りは大きな収穫がたくさんありました。ヘリの燃料が無くなり、最大の被害地気仙沼に残

ることになり、21時間かけてやっと帰りました。

★今後は、迅速に対応いたします。



★まったくTVにも出ていない部分もあり、すごい状況でした。

支援物資がまったく届いていない地域がかなりありましたが、そこへ届ける陸路を開拓してきまし

た。



★仙台の気仙沼から福島まで何箇所か避難所を回りましたが、本日~明日に物資が枯渇し、死の危険

があります。

詳しい物資一覧はHPにアップ予定です。



★★最新情報です★★

・「政府直轄の民主党災害支援部」からの認定を受け、政府からの支援と同等の権限を与えられるこ
とになりました!

・行政、警察、消防、

自衛隊に対しても対策本部の議員からの要請として依頼を出来ることになりました。


ボランティア団体などへの個別の支援はしにくいと感じていた企業や個人の方、本当に人命をつなぐチャンスです!!!



●私たちの立場と役割について

私たちは一般的な支援ボランティアグループとは異なります。



私たちは、部品としては良いものが集まっているが、全体としてはチグハグになったりもったいない

結果が出てしまうものを、きちんとスムーズに機能するようにコーディネートする専門家集団とし

て、特殊な任務を担っています。

それは、「国、自治体、赤十字、自衛隊、企業、市民グループ、個人ボランティア、

それぞれが力を発揮できるようにする」ということです。



まず始めに気づいたのは、

部分的な情報を持っている人は沢山いるけれど、誰も全体の情報を把握していないという事実です。



私たちは、震災発生から3日間、

国や企業やNPO等様々な協力を得て、ヘリや陸路で現地を回り、全体を把握するためのリサーチを

行いました。そして、大切な気づきが沢山ありました。この1回には書ききれませんが、一つずつ、

お伝えしていきます。



●重要●皆様に知っていただきたい事実



今回の震災は非常に特殊です。

規模が大きさ、被災範囲の広さ、それに加えて、津波による水没。

阪神淡路等の地震と最も大きく異なるのは、

自治体が機能していないのではなく、津波に流され存在自体が

なくなっている地域が多数あることです。



それにより、必要な支援のあり方が大きく異なり、阪神淡路の経験では通用しません。



これは、自治体経由の物資やもちろん、

赤十字や国の対策本部や自衛隊からの

救助や支援や配給がまったく届かない「

自治体の存在自体がなくなった地域」

が多数あるということです。



これは実は難しい問題です。なぜなら、

阪神淡路の経験から混乱を避けるため、

すべての配給や救助が自治体経由になっているため、

自治体が存在しない地域への

支援の仕組みがありません。



やる気がないのではなく仕組みがない。自治体も県も、

警察も自衛隊も、国交省も

支援団体も生き残った避難民も何とかしたい。でも出来ない。



ここを変えるのが私たちの役割です。私たちは、各機関や個人が

本当に役に立つカタチで動けるように、コーディネートを行っています。



今回、コーディネートが成功し、

市民団体や個人ボランティアを筆頭に、

自治体も県も、警察も自衛隊、国交省、

みんなが頑張ってくれたお陰で、

少なくとも数千人の避難民の現時点の生命維持に繋がりました。



今、「阪神淡路に基づく間違った情報」(自治体に集中、

自治体に問合せ、現地に入る

な)がせっかく助かった命を危機にさらしています。



今、最も重要なのは、この記事を読んでいる皆様を通じて、

多くの人が

何が起きているかという全体を理解していくことだということを痛感しています。



●重要●皆様に知っていただき、情報発信していただきたいこと

(特に企業や行政の担当者に、皆様からご連絡いただけると助かります。)



今、「阪神淡路に基づく間違った情報」が流れることで、

被災地の命が危ない状況

です。出来るだけすばやく、多くの人にこの情報を伝えてください。



・皆様が思う以上に、被災地の人を始め行政もNPOも企業も、

頑張っています。

・国の対策本部、赤十字など大手は、

生き残りの人数が多い地域が担当で、

自治体経由の支援ルートになります。

・通常はそれで大丈夫なのですが、津波に流され「

自治体不在の孤立被災地」が

本当に多いです。ここは、市民団体やNPOが担っています。



現在活動している市民団体やNPOやボランティアは、「

非常に優秀」です。

阪神淡路と違い、高速に規制があったり、

津波の水で陸路が絶たれたり、

ガソリンが無かったり、という状況で、

自治体が入れないところまでいって、

活動しているのです。



現時点で、最も確実に、不足地域への支援を行い、命を繋げています。



しかし、阪神淡路でのボランティアのイメージから、

寄付や支援物資や設備の提供を断られていることろが多いのが現状です。



私が気仙沼の命をつなぐために利用させていただいたヘリコプター



ヘリも個人持ち出し、パイロットもボランティア、

燃料数百万も持ち出し。

集まった寄付はたった10万とのこと。

それでもみんな自腹を切って、活動して

います。現時点で活動できているところは本当に優秀です。



国や赤十字への寄付や支援も重要です。私も電話してみましたが、

支援をする

と発表を行っている大企業数社に問い合わせましたが、

NPO等から

物資や資金の援助の依頼は沢山来るがすべて断っているところが多いのです。



しかし、復興段階まで行かず生命維持が本当に危ういのは、「自治体不在の孤立被災地」であり、それを担っているのは、NPOやボランティアなのです。



是非この事実を、多くの個人、そして企業の地震対策本部に伝えてください。



私たちが実際に行って確認したところ、気仙沼の地域も、

自衛隊も自治体の配給も赤十字も一切来れていませんでした。(連絡はしましたが、自治体が無いので、現在も同様) 

一方、極少数の物資でしたが、ボランティアが届けた物資がありました。

3日間、200~300人の赤ちゃんがたった1缶のミルクを別けているという状況

でした。 (もちろん赤ちゃんだけが逼迫していたわけではありません。

この問題も、前回のメールがキッカケで、「個人」の物資支援により、命を繋げました)



今動いている市民チームやボランティアを探して、

寄付や物資を届けると、

本当に変わってきます。企業についても社内の社員の方から、

そしてお客様の

声として、届けてください。企業も動かせると、だいぶ変わります。



勘違いしないで頂きたいのは、

生き残っている人が多い地域への支援を担当する国や赤十字への支援や寄付も重要なのです。

そこに出したから、「市民チームやボランティアに出さないというアンバランス」が問題なのです。



私たちが到着する前日、

気仙沼のある避難所で津波が来てしまい約50人が病院に取り残され、周りの水で出られなくなった

上、水をかぶってしまい、私たちからも要請を出し、自衛隊による救出がされましたが、

30名は寒さで亡くなってしまいました。



雪が残る地域です。着換えが届いていれば、救えたかもしれない命です。



ただし、企業も本当に命に繋がる活動をしたいという思いがあって、

だからこそ、阪神淡路の経験からボランティア団体には出さず、 赤十字や国に集中

するという選択をしています。

何が今起きているのかという情報が足りないだけなのです。



本当にみんな一生懸命です。その事は理解したうえで、アクションをお願いします。



◎お願いしたいアクション

・メディア、企業へ、上記の事実を教えてください。

・自治体や企業で物資運搬ルートがないところへ、

私たちを紹介してください。運びます。

・その他困っている被災地や自治体の相談に乗り様々な問題を解決し

ています。どんな相談も行政や市民団体ともに一丸となって、対応します。

ご連絡いただけるようお伝えください。

・その他以下で可能なことを行ってください。



●救援物資提供ボランティア

私たちがまずやったのは、命の危ない「自治体不在の孤立被災地」の生命維持です。

詳細は後々アップしますが、気仙沼をはじめ、様々な配給の届かない避難所を回り、

なんとか数千人の命を生命維持に繋げました。しかし★非常に過酷な状況です。



★特に重油、軽油、灯油、ガソリンの調達方法を探ってください。

タンクローリーなどで南から送りたいです。静岡・山梨より上はもう枯渇してきてい

ます。支援物資を届けるためのガソリン、雪の残る地域で凍死しないための灯油必要です。


継続的に必要です。


・今回の災害は範囲が非常に広く、足りているものは一つもありません。

・通常の食べ物と水ももちろん重要ですが、それ以上に、生死を別けている物資が数多くあります。

・詳しくは、WEBページにアップいたします。



【受付窓口の設置】

・神戸で明日出発する3Tトラックを用意。関西方面の方は物資を集結してください。

回収場所は明日の朝、指定させていただきます。



・亀戸、新潟、山形に受付窓口及び物資の保管をしています。

・自分のところでも受付窓口と物資の保管をしても良いという方、募集中です。



【被災地での受入体制の構築】

・気仙沼、福島など3箇所に加え、仙台にも受入拠点を構築しつつあります。

どこで何が足りないかタイムリーにわかるのは被災者です。

「受入拠点」では自身も被災者のボランティアが、そこで受けつけた物資を逼迫した避難所に配ります。(仙台では石巻まで配りに行ってもらえるそうです。)

「最終運搬者を被災者に担ってもらう」ことで、

物資が必要なところに届くようにしています。



【運搬について】

・全国展開している病院グループと老人ホームグループと連携し、物資と人の運搬をお願いするともに、

帰り道に体調不良者の受入れをしてもらうということを多い日で1日数便行ってきました。

ガソリンの枯渇により、送る頻度に影響が出そうです。

「自分で車もガソリンも出してくれる運搬ボランティア」が必要な状況です。



●人的支援ボランティア

・映像を編集してYOUTUBEに投稿出来る人。

(編集:テロップ等):被災者の声をアップしてらいたい。



・色んな言語に翻訳できる人。

(世界からの支援を募ります。)



・Person Finder (消息情報): 2011 日本地震 へ

孤立被災地の情報(当方で入手)を登録できる人。

http://japan.person-finder.appspot.com/



・現地支援ボランティアは、大量に必要。

阪神淡路と規模がまったく違うので、余る事はない。

ただし、コーディネートは必要。

私たちはボランティアの受入れ態勢を構築しています。

現地で必要な業務の役割分担もございます。

(物理的にも精神的にも準備が必要。要打ち合わせ)



・その他、どんなカタチでも構いません。

歩けるだけでも大変役に立ちます。(例:現在ガソリンが無く、支援物資が届けられない地域の命をつなぐ。)



可能な勤務地、可能な時間数や日数、出来ることなど連絡ください。



●情報発信ボランティア

・企業や行政機関などに、正しい情報を伝えてもらうボランティア



・自分のネットワークを使って、情報を発信してくれるボランティア



・情報の届かない被災者へ情報発信をしてくれるボランティア



発信できる先と連絡先を教えてください。



●募金

個人、企業からの募金を募集しています。以下の口座にお振込お願いいたします。



三菱東京UFJ銀行 四谷支店(ヨツヤシテン)

名義 特定非営利活動法人 日本ユニバーサルデザイン研究機構

口座 店番号 051 普通 0016109



また、お振込手数料は、支援者様のご判断にお任せいたします。



<対策本部からの約束>

1.全額を、生存者の命を最優先に、東北地方の地震の支援に関わることに使用させて頂きます。

2.資金使用時には、レシート又は、記録を必ず残し、後日、公表します。

3.プロジェクトが終了した時点の残高を、ご入金額割合に応じて、返金を致します。

例)1万円の資金提供の場合で、総資金提供金額が100万円で残金10万円の場合、10分

の1の1千円の返金となります。※注:資金を有効に活用するための方策として。



<ご入金頂く皆様へお願い>

1.ご入金の際は、入金前後にメール又はお電話にて、

「お名前」

「メールアドレス」

「返金時の銀行口座」

「金額」

(複数人数でまとめてお送り頂く場合は、代表者の方)

以上3点をご連絡下さい。



1万円でも数名の命を繋げます。どうぞよろしくお願いします。



●Q&A

Qボランティアをしたいんだけど、寄付がいいの?

今はボランティアのほうが良いです。

お店も全部流れているところが多いですので

物理的に購入できません。ただし、

沢山の心構えと物的準備が必要なので、

問い合わせてください。

私たちがボランティアの受入れ態勢を整えた

被災地の拠点で活躍の場があります。もちろん自宅でできるものもあります。



Q寄付をしたいんだけど。

是非、市民団体やボランティアグループへお願いします。

面倒かもしれませんが、その一手間が命を救います。



Q自治体に問い合わたほうがいいのでは?

今、命の危険があるのは問合せができる電話線などが機能している自治

体ではなく、

電話も繋がらない、ガス・電気・水も止まり、

そもそも自治体の建物も人も物資もなくなってしまった「自治体不在の孤立地域」です。

問い合わせても、繋がりません。



「NPOの窓口を通して送って欲しい」

それが生き残った拠点避難所の被災者の言葉です。自治体が存在しない地区ではNPOが自治体の役割を担っています。



Qなにか私も出来る事がないでしょうか?

今本当に被災者が希望していることは、「物資提供」「労働力提供」「場所の提供」

「設備や車の提供(企業)」「資金提供」そして「情報発信」があります。



自宅で出来ることも沢山ございますので、少しでも支援をしたいという気持ちのある方は、

info@npo-uniken.orgへ「ご協力形態の希望」

とともに、「名前」「電話番号」と「メールアドレス」の3点を送信下さい。

____

●経緯●12日に医療機関から、

一切支援物資の届いていない気仙沼市本吉町への支援要請がありました。現在、

東北地方の物流が支援を必要としている地域程、マヒしています。結局、

1日かかってヘリコプターを出すことに成功。しかし、この1日は「わずか1日」というべき時間で、

そのために、ヘリの所有者、運転士の方その他物資を提供くださったたくさんの方にご協力いただき

ました。


要請により、気仙沼市の孤立被災地へ発見、被災地内で最も残存機能が充実している施設を「受け入れ拠点」とし、「障害者や高齢者等の受け入れ」や「他の避難所」への「受入態勢の構築」を行いました。

現在東京と新潟に物資の受付窓口を設置し、毎日物資を配送中です。現時点で、福島等も含め、3箇所の被災地で「受入拠点」を構築し、そちらも毎日配送中で、

毎日様々な被災地から情報が入る体制が整いました。

____



■内閣府認証 特定非営利活動法人

■日本ユニバーサルデザイン研究機構

http://www.npo-uniken.org/

■ユニバ震災対策本部

■「生きている人数を最大限にする。=死者を最小限に抑える」

という軸で

■すべての救援活動全体をコーディネートし活性化していきます。

■そのためには、皆様のご支援・ご協力が重要です。



-------------------------------------------------------------


[PR]
by sanae-malaysia | 2011-03-18 15:10 | lain2 lagi(そのた)

情報共有

先の


青年海外協力隊 日本の被災者になにかしたい



のグループ内のやりとりで、情報を共有したいものをここでも載せることにしました。






隊員の友人で、今実際に被災地で救援物資を運んでいる人からのメールです

↓↓↓↓↓




Dear my friends,



In this couple of days people in north Japan worry about new thing, which is nuclear power plant explosion. With earthquake and Tsunami after it, local people cannot do anything but run away. But we need to survive, we need to live for better future.



Thank you very much for your warm words, helps, and relief supplies. I have received so many phone calls/ emails about it. I really appreciate it. Please keep concerned with us because we know there are more people who need more supplies.



Today I brought 3 bottles of 20 litter of Hawaii Water with 2 dispensers to Sendai City. I brought them in Okino Community Center, where is one of the base stations to supply goods to the front assembling from wherever people can bring in. These dispensers enable water to warm up as well, I strongly hope no baby get diarrhea because of this water. After I receive another new bottles, I definitely supply them on these two dispensers to keep people with fresh Hawaii Water.



With very hot Miso soup with other supporters, I have also visited local community center in Yamagata, which now accommodates hundreds of refugee from Miyagi and Fukushima. There are a lot of elderly as well as young kids. I met Nigerian family who were living in Sendai with 4 years-pld boy and 3 years-old daughter. They seem to meet new difficulties but I believe Yamagata people can take care of them with much warm hospitality. We plan to bring another hot soup to them with Onigiri rice ball tomorrow as well as kids toys.



**********If you try to send me relief supplies from South Japan****************

No land transportation is working toward Yamagata because of fuel problem. But transportation company seems to try their best to purchase fuel to be back normal, PLEAE GATHER RELIEF GOODS AS MUCH AS YOU CAN UNTIL LAND TRANSPORTATION STARTS AGAIN.



*********If you try to send money to this area to support recovery**************

Please remit money to the account below:

Name of account: Tohoku Chihou Taiheiyouoki Jishin Saigai Gienkin

Account Number: 3050041 (ordinary deposit)

Name of bank: Yamagata Bank

Name of branch: Kencho Branch (Kencho Shiten)

Branch Number: 113

Swift Number: YAMBJPJT

Address of it: Matsunami 2-8-1, Yamagata City

Phone number: +81-23-631-3191



*Please DO NOT SEND ME MONEY BECAUSE I AM NOT TRUSTABLE PERSON LIKE BANK. I AM JUST SENDING RELIEF SUPPLIES TO SOMEONE NEED IT.



I really appreciate your help.



Akira Sawatari

Senior Managing Director

Chitosekan Co.

Nanokamachi 4-9-2

Yamagata City, Yamagata

990-0042 Japan

TEL:023-622-2007

FAX:023-622-2014

http://www.chitosekan.com/

chitosekan@mac.com



Skype: chefakira0107



親愛なる皆様、



この二、三日の間、東日本に住む日本人は新たに原子力発電所の爆発の問題に接することになりました。巨大な地震があり、そして津波が押し寄せ、人々は手に何も持たずに逃げることしか出来ませんでした。でも、私たちは生きて行かなければならないのです。より明るい将来のために。



これまでの間、多くの方に温かな言葉、手助けと救援物資をお送りいただき、ありがとうございます。問い合わせのお電話やメールなども賜り、心より感謝いたします。更に多くの方が皆様の支援を必要としておりますので、どうぞ私どもに引き続きご支援くださいませ。



本日、私は個人的に購入した20ℓのハワイウォーターを3本と、それを使用するためのディスペンサー2機をもって、仙台市若林区沖野市民センターをお訪ねいたしました。こちらから若林区周辺の前線に物資供給を行うそうです。このディスペンサーは水を温めることが可能で、不衛生な水で赤ちゃんに粉ミルクを飲ませなくてすまなくなる、と信じております。物流の都合で水の在庫がなくなってしまったようですが、新たな水が手に入り次第、このディスペンサーの箇所に私の責任で水を更に搬入する予定であります。



また、山形市内にも多くの宮城、福島より避難をされてきた方が増えており、その方々に他の方と温かい味噌汁をお届けすることが出来ました。年配の方、また子どもさんもいらっしゃる中、仙台で被災されたナイジェリア人のご家族とお会いしました。このような避難生活の中、彼らは新たな困難を迎えるかもしれませんが、山形県民がさらに温かな心で接してくださると信じております。明日もおにぎりと味噌汁の他に、子供さん用のおもちゃを持ってお訪ねしたいと思っております。



******************西日本から物資をお送りくださる予定の皆様へ******************

現在燃料問題のため、山形方面への物流が停止している状態です。一部報道では物資提供を断る旨を報じておりますが、被災地の現場ではお金があっても物資がなくて購入できません。物流会社はその名にかけて燃料購入に奔走しているようでありますので、物流の再開は時間の問題と思います。どうぞ物流再開まで物資の収集をお願いし、どうかしかるべき際に物資をお送りください。



******************義援金送金のご用意がある皆様へ*******************

私の独断で申し訳ありませんが、復興には行政で相当なお金が必要になるはずで、皆様の善意はそのようにされるべき、と信じております。岩手県、宮城県、福島県の義援金受付先は、ごめんなさい、私は分かりませんが、山形県の受付口座をこちらに記します。

義援金窓口:山形銀行県庁支店

支店コード:113

住所:山形市松波2-8-1

電話:023-631-3191

口座記号番号:普通3050041

口座名義:東北地方太平洋沖地震災害義援金

swift code: YAMBJPJT



*****************************************************************************

大変恐縮ですが、私は銀行ほど信用のある人間ではなく、善意の物資を皆様から集めさせて頂き、被災されている方にお届けしておる一個人ですので、どうぞ上記口座へのご送金をお願い申し上げます。



敬具



澤渡 章



株式会社千歳館

専務取締役

〒990-0042

山形市七日町4-9-2

TEL:023-622-2007

FAX:023-622-2014

http://www.chitosekan.com/

chitosekan@mac.com



Skype: chefakira0107

==========================================================
[PR]
by sanae-malaysia | 2011-03-17 17:07 | lain2 lagi(そのた)

青年海外協力隊 日本の被災者になにかしたい‏

facebook内で




"青年海外協力隊 日本の被災者になにかしたい"‏




というグループが立ち上がっています。












ただいま派遣中の青年海外協力隊員のみなさま、




もしよければご参加ください。







参加しなくても



被災された方に今なにが必要か



ご意見だけでもいただけると



グループのメンバーが助かるのではないかと思います。




公開グループ
(メンバーとコンテンツは公開されます) — jocv.nanikashitai@groups.facebook.com..
















隊員のみんなで集まれば、なにかできるかも!
[PR]
by sanae-malaysia | 2011-03-15 14:55 | lain2 lagi(そのた)

戻ってきました

昨晩、センターの近くのタンジュン・アル通りが閉鎖されましたが、今朝解除になったので



センターに戻ってきました。



こちらは大丈夫です。










首都圏の知人とはだいぶ連絡がとれ、安否も確認できてほっとしました。大阪・愛知あたりも大丈夫そうですね。





ただ、前の会社の本社(茨城・水戸より北)は確認がとれない…















怖いし、精神的につらいですが、みんなで一緒にがんばりましょう
[PR]
by sanae-malaysia | 2011-03-12 15:25 | lain2 lagi(そのた)

避難しました

日本の大地震の影響を受け、こちらのほうにも津波の恐れがあるということで



津波からのがれるために、夜7時ころから一時的に避難しています。



津波は現在、中国・フィリピンを越えて、こちらマレーシアサバ州のほうに向かってきているとのこと







地震発生1時間後にJICA MALAYSIAからの第一報があり


2時間後には緊急連絡網で津波のお知らせと避難勧告が。




JICA事務所の対応の早さに感謝です







わたしのほうは大丈夫ですが

関東以北の知人とは一人も連絡がとれず。


いてもたってもいられません
[PR]
by sanae-malaysia | 2011-03-12 00:14 | lain2 lagi(そのた)

いつまで?

はい。





わたくしの任期についてですが




2年間ちょうどの任期ですので、2009年6月22日から2011年6月21日まで 




なので6月21日の朝に日本到着 ですかね








…正規なら





ぐふ










はいはいはい。







で、で、次の更新のときには









a0131520_17595145.jpg









メガネ in タイランド






を報告させていただきます






うぉぉぉぉぅ
仏教国サイコー!
豚チャーハンサイコーーー!
[PR]
by sanae-malaysia | 2011-03-09 18:03 | lain2 lagi(そのた)


以前の記事
検索
カテゴリ
その他のジャンル
最新の記事
<終>ありがとうございました
at 2011-06-16 10:38
KK最終日
at 2011-06-14 18:30
隊員報告書とコメント。
at 2011-06-13 19:21
今日もお別れ会。
at 2011-06-13 19:07
オーブンと炊飯器
at 2011-06-12 22:14
ブログパーツ
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧