「ほっ」と。キャンペーン

じゃらんじゃらん


青年海外協力隊平成21年度1次隊マレーシア・ソーシャルワーカーのブログ
by sanae-malaysia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

<   2010年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

立ち上がれ!21年度1次隊☆彡

日曜日。


みなさまいかがお過ごしでしょうか


コタキナバル市内は今日もあつ~~い1日です。




これからひと仕事あるのですが、その前にスタバ・コタキナバルはワリサンスクエア店にて日記中☆


a0131520_14433522.jpg



Green Tea Late のグランデサイズを頼みました。14リンギ。400円以上する高級飲料です。
14リンギあれば普通の屋台で3食は食べられます。そう思うとスタバはお高いお店ですね…




ここ最近、連絡をとっている仲間たちが揃いもそろってスランプ中です。
悩める子羊ちゃんです。
わたしもスランプっちゃぁ スランプです。


隊員生活も8ヶ月目を迎えますが、任国や配属先にも打ち解けてきて、言葉だって最初のころに比べればおどおどしなくなったし、仕事のことについても口が出せるようになってきました。
その反面、活動の中でこぶしを握る場面が増えてきたり、人間関係がうまくいかないことにも気づきはじめました。


慣れてきた証拠なんだなぁ


と同時に


もっともっとここになじもうとしている証拠なんだなぁ~


とも感じます。仲間たちを見てても、自分自身を見ても。




振り返れば、わけがわからないままよく8ヶ月もがんばれたな、と。
仲間も自分も。
ほとんどが1人ぼっちで配属され、周りは外国人だらけ。あ、ここでの外国人は自分たちでした;




だから、まだいける!もう少し頑張れる!!
と思います(^_-)


たまに露骨に部屋にひきこもっては大事な人たちに手紙を書いたり、

微妙に古いジャパンの映画やドラマを見あさり、気づいたらマル1日経っていたり

そしてこのDVDたちは中国製で、中国語訳が下に出てくるのですが、この訳がわたしにもわかる位テキトーで「おいっ~!」ってひとりで画面に向かい突っこみを入れたり


目の前のビーチで貝殻を拾ってビンに詰め、次に遊びにきてくれた人にあげようと勝手に準備したり



自分を保つ方法をいろいろあみ出しています







もう少し踏ん張ってみよう☆
立ち上がれ、21年度1次隊!!
[PR]
by sanae-malaysia | 2010-01-31 15:19 | 隊員としての活動

ちくわ。

昨日の晩ごはんのスチームボート(マレイシア流中華系鍋)の具に、

高級ちくわを発見いたしました。



ちくわ…



英語でも「chikuwa」と呼ぶらしいです。マレー語にはあてはまる単語無。


練り製品には惨敗中(お腹が無駄にいっぱいになる感が苦手なのです。。。)のわたくしではありますが、あまりにも久しぶりの再会だったのでひとつ食べました。


おおおいしかった…(T_T)







あ、そうだ、先日の「台所用スポンジ」ならぬ「台所用ビニール」ですが、「イメージがつかないので写真が見たい」とのリクエストをいただきましたので、写真を載せます。






a0131520_1659241.jpg










a0131520_1714715.jpg









はい そう、ただのビニール袋です。


そしてこのビニール、最大の弱点があります。


油汚れの激しいお皿を洗う時には、逆効果!
洗っても洗っても油を余計塗りたくってしまいます。


油汚れの少ない時に使うのをおススメしますv







話はかわりますがわたくしは、今、充実感に満ちています。

昨日、お役所の建物の会議室を借りて、ある話し合いをしたのですが、その内容がとっても素晴らしく、基本「おエライ人会議」嫌いのわたくしに大感動を与えてくれたからなんです。



昨日の話し合いのお題目は、「性意識と性教育について」。

また書きにくい話題を取り上げてしまいましたが;


わたくしの活動には書きにくい問題が多いということでご理解いただければと<(_ _)>


そして参加者ですが
 ・当事者1人
 ・お役所の担当者2人(福祉局) 
 ・NGOセンターのベタニーホーム(ペラ州)の施設長
 ・KK市内にある政府系病院の先生
 ・センター利用者の保護者2名
 ・センターのスーパーバイザー&ジョアンさん&わたくし


センター内で性に関する講座をしなければならない段階までとうとうやってきてしまい、どんな形でどんな基準でやったらいいのかをみんなで意見を出し合いました。


そもそも、教育の中で性教育のチャンスがなく、それぞれの家庭内で親の判断で「そのとき」が来て教えてもらった・あるいはまだ「そのとき」ではないと判断されてまだなんにも教えられていない子どもたちが大きくなったとき、そして性に関して壁にぶちあたるようになったとき、、、



さて何歳になったら(第三者の)だれが何をどこまで教えるの? という大前提の疑問の中…


しかもそれぞれの宗教がもつそれぞれの思想があるというじゃぁありませんか…



そして

教育の中でも基準やルールがない中で、政府の助けも得られない中で、センターが先駆けて教育をすることはできるし、もうその段階にはきているので何かはやらなければならないのだけど、のちに何か問題になったときに、センターはどこまで責任を問われるの?どう対応したらいいの?

というNGOが抱える特殊な問題もあり。




何がよかったのかというと、本人…1人だけでしたけど、当事者からの率直な気持ちをたくさん投げてくれました。それに対して親としての意見があり、たくさんのケースを見てきている医療サイドからの意見があり、同じ問題を抱える半島のNGOの意見があり、そんな現状があるんだと福祉の現場で起こっていることがきっと分かってくれたであろう行政の意見と。  障がいを持つ人たちを軸にして、それを取り巻くわたしたち社会資源がよりよい案を見出す。とても理想的な話し合いだったと思います。こういう話し合いはとても有意義であるし、個人的に大好きです。


話し合いの中で、サバ州にはちゃんとしたFamily Support…「親の会」とでもよびましょうか
が存在しないということもわかりました。


まずはセンターが親への説明会を行うことから始めるという結論になりました。
その後は親のメンバーシップ・パートナーシップを図り、「親の会」を作って進めていき、
そのうちに福祉局と警察を巻き込んで進めていきたい。






思想や宗教を超えて、同じ人間同士の基本的なこととして。




たくさんの民族がいて、それぞれがお互いを認め合って生活しているサバだからできることなのかもしれません。


それにしても「1施設がここまでやるのか!」と毎度毎度感じさせられます。すごいことです。



ひとつがっかりした後には、ひとつ救われることが。

人に突き落とされても、人が引き揚げてくれる。



だから福祉ってやめられないんでしょうかね☆彡
[PR]
by sanae-malaysia | 2010-01-30 17:23 | 隊員としての活動

奥さま必見☀

世の奥さま方必見!!!



ベーカリーでお皿洗いのトレーニングもしているのですが、今日もいつものように午後1時にベーカリーに行き、workerと一緒に洗う準備をしていたんですけどね、

洗剤とバケツを用意して、キッチン用のスポンジがかわったことに気づきまして。



それが、、、

新しいスポンジがもはやスポンジではなく、



ビニール袋をやぶったやつ


だったのです。


あわわわ~;


workerも慣れない道具に「えっ?これで洗うの???」みたいな表情をしていましたが、何って全部のスポンジがビニール袋の切れたやつに変わってしまっていたので、使うしかなかったのですが。


これがなんと驚くべき洗浄力を発揮したのです!!


さらに泡立ちが良いので洗剤が少しで済むのと、形がいか様にも変化するので網目の汚れにも対応可。


ビニールなので乾きやすく、布やスポンジより衛生的(と私的に思います。)


ただし欠点もあります。 ビジュアル的にどうかな ということと筒状のものが奥まで洗えません;



にしてもやはりその威力に魅せられ、自分でも今度やってみようとおもいます。こちらのキッチンスポンジの値段が思ったより高いので、それはそれはありがたい節約法です☆彡




あとは、告知デス☆


Independent Living Projectがいよいよ来月2月8日からスタートします


…予定です。


告知して頑張ろう というこんたんです



残された日にちでやること

  ・スタッフの確保(募集)
  ・保護者へのレターを出し、同意書を取り付ける
  ・家具の調達(できればすべて寄付を募る)
  ・スタッフのシフト作成
  ・traineeのメンバー表作成
  ・部屋の掃除
  ・家具の搬入
  ・スタッフトレーニングの準備&開催  などなど

わたくしが全部やるわけではありませんが、案や意見は必ず求められるので、口を出す準備も含めてですね。


公表すればがんばってやるしかない というこんたんです。





a0131520_2255032.jpg



上手に調理してくれるシェフを待つ鶏たち in サラワク






今日の日めくりカレンダーのお言葉



笑う顔に矢立たず



こちらに来てほんとにその通りだと感じています。


矢が立たないどころか、人をハッピーにすることができます。




だからいつでも笑っていたいです











  
[PR]
by sanae-malaysia | 2010-01-25 22:15 | スリムンガシセンター

避けてはとおれませんでした。

最近のことですが、


いつかは出会ってしまうだろうと予想していた出来事に


とうとう出会ってしまいました。




当初から国内別の地域でちょいちょい聞いていましたし、そんな風もときどきうっすら感じていましたし、


いつかはどっかんと出会うときが来ると覚悟はしていました。



なんかもったいぶってるようですが、もったいぶるというか、表現することと解釈の仕方に困ることでして。



でも今後必ず向き合っていかなければならない問題のひとつなので、おおまかに記録しておくことにします。



スタッフが自閉症のworkerに対して、そのworkerのいつもの行動をやめさせようとして、日本で言うところの「身体拘束」にあてはまる援助…というか行為を考え出して、実行していました。

日本では「身体拘束の禁止」とはっきりルールがあり、そのもとでわたしたちは業務に携わっていたので、身体拘束に関しては特に気を遣って対応していました。そのせいもあってか、センター内のスタッフの対応の仕方に敏感に反応してしまい、「これって大丈夫なの!?」と疑問に感じることが今までに何度かありました。今までは自分の中での疑問で終わっていましたが、今回に関しては完全にダメなラインと判断し、一晩考えた末にセンターにたずねてみました。
「わたしたちが日本で同じことをしたら人権侵害とみなされるのと、ルール違反で警察に捕まることにもなりかねないんですけど、ここでは大丈夫ですか?」と。
←大事なことを説明したいとき、言葉が足りないためにこんな表現になってしまう自分がはがゆいんですけどね、、





これに対してセンターは、言っている内容を理解してくれ、すぐに対応してくれました。感謝です。





今後2か月に1回やらせてもらえるスタッフトレーニングには、人権やモラルについての内容を盛り込む必要が大いにあるなと。





そして。言い出すべきかどうか一晩考えたと申しましたが、

ここにも考えるべき大きな課題が。



「指導」の範囲、「教育」の範囲、「支援」の範囲。
このセンターには教育部門と職業訓練部門の両方があるため、教育と支援がごちゃまぜになっているんです。
その意味は
センタースタッフが「先生」になる場面があったり、
成人しているworkersが学校の先生に「叱られたりする」 ということです。


さらに教育部門の中には、「自閉症児専門のクラス」という特殊なクラスが設けられています。ここでは子どもたちすべての行動をコントロールして、協調性を養ったり「社会に適応させる」ような訓練が行われています。訓練の成果は明らかで、このクラスの子どもたちは誰とでも手をつないで散歩ができるし、座れといわれればじーっと黙って座っていられます。「自閉症って一体なんなんだろう…」と思わせるほど。
そして、センターのスタッフが自閉症を持つ利用者さんへの対応に困ったときは、まずこのクラスに研修に行って勉強します。



学校とセンターが常に助け合ったり協力し合う・風通しがよい施設 という利点がある陰で、
このクラスで学んだ「訓練」メニューを支援にまで持ってきてしまう という欠点が隠れているのです。
このことについてはカウンターパートのジョアンさんも問題視していて、よく話題にのぼります。


そしてこの自閉症クラスのお手本は、日本にある治療機関です。
日本の施設にスタッフを派遣し、プログラムを学んで持ち帰り、忠実にマレーシアで再現しているのです。




一晩考えた理由は、

「日本のやり方をお手本にして頑張ってきたのに、日本人から申し立てられるなんて…」

と感じたからです。



このクラスのことと今回の行為については、直接関係がないのかもしれません。

だけど、まったく関係がないと言いきれないかもしれません。




まとめのない話になっちゃいましたが、


国際協力に限らず、
ものごとには長所と短所があり、賛成と反対があり、光と影があり。。。



国際援助てなんぞやと頭をかかえながらも
こんなことを感じた出来事なのでした





本日は平成22年1月22日。昭和だと85年にもなるんですね~

寛子姐からの救援物資セットの中に入っていた「日めくりカレンダー」によりますと、

旧暦で12月8日。

旧針供養

小潮

九紫・先勝

大吉日にて何事にもよし!

今日はとってもいい日だったようです☆
朝一番で気づけばよかった…;

そして一番最後に「本日の一言」が載っているのですが、本日の一言



子は産むも心は産まぬ




むむむ…

なかなかどうして、毎日毎日ためになることを書いておられる。

毎日学ばせてもろてます。



a0131520_23132140.jpg

[PR]
by sanae-malaysia | 2010-01-22 23:24 | 隊員としての活動

ぼるねお自然の動物園

このダガット村と帰りに寄ったスカウ村では、

リバークルーズを何度もしまして。



たくさんの動物にあいました。



今回ボルネオ象にはあえず、残念…
時期をみて再度スカウ村にリベンジしたいです!!!




a0131520_13455297.jpg


カニクイザル。こちらでは「普通のサル」です。
ここいらではどこにでもいるおさるさんなのだそうです。




a0131520_13472051.jpg


これは、ショートテール「ムカ」 というサルだそうです。現地の案内人のお兄さんが教えてくれたのですが、

この名前、英語なのかマレー語なのかよくわかりません、、、
とにかく、珍しいほうに入るおさるさんだそう。


a0131520_13495875.jpg



ふあぁぁ~



a0131520_13525231.jpg


そしてそして!

会いたかったテングザル!!!


a0131520_13541433.jpg



鼻が天狗みたいなのが男性(下)、ツンととんがったのが女性(上)です。








このあたりには「かわせみ」に似た種類の鳥がたくさんいて、他にもくちばしの形が変わった鳥がいました。
こどものワニや、オオトカゲ、オランウータンもいました。


a0131520_13552642.jpg






a0131520_1357196.jpg

















a0131520_13584110.jpg


最後は
はるか隊員とシカさんの運命的な出会いのシーンで

☆彡
[PR]
by sanae-malaysia | 2010-01-18 14:01 | 旅をする

ありがたや~~

ここ最近、Independent Living の物件が決まり(同期隊員けーちゃんちのあるアパートです。しかも2件先の部屋!!)、準備などに追われはじめてきました。



家具を提供してくれる人を探したり、年間のILトレーニングメンバー表(1か月間を4人で過ごすトレーニング)を作ったり。



そして去年からの「おそうじトレーニングLevel1」で開花したことがもうひとつ☆

workersの中でも最高齢のMiss文鎮(仮名、年齢はわたくしと同じくらい。)が、その勤勉さと能力が認められ、近々外部企業での就労トレーニングに行けることになりました。


彼女は文字を読むことと言葉で表現することが苦手で、集中力と労働意欲はあるもののなかなか作業の効率を上げることができませんでした。
そこで、作業工程の写真を載せた作業の手順書を彼女専用に作って使用してみたところ、彼女にはピッタリだったようで、


結局スタッフのフォローも要らず、一人で一連の作業をこなせるようになったのですv


この彼女とは年齢も近いことから、私自身、特別な思い入れがあったのも正直なところで。。。


とにかく、一歩前進できてよかったです(T_T)うぅぅ


さてさてそんなこなしているうちに、「最近更新がないけど大丈夫??」と心配のお声をいただきまして


遠く離れたところにいるのに、
いっつもどこかで大事な人が気にかけてくれている
心配してくれている

って思うだけで、とっても心強くなるんです。

ありがとう。

(/_;)


ともだちのありがたさ
いつも感じています。。。





そんなわけで年末ダガット村でのおもひで集です。


a0131520_13213841.jpg


サンダカン港からスピードボートに乗り





a0131520_13254619.jpg


海→川→川の支流までブーーーン








a0131520_13291011.jpg


ダガット村名物の、オニテナガエビ。
と、
とれたてのオニテナガエビで遊ぶニシナセンセイ。









a0131520_1331894.jpg


JICA専門家のたじまさんと、うしろには同専門家で南アフリカから来ていた奥さん&アメリカで修行中の娘さん







a0131520_1334279.jpg



ステイ先すぐそばの木にカニクイザルがたくさんやってきたのを真剣にながめるニシナセンセイとアビン少年











a0131520_13382755.jpg






a0131520_13385498.jpg




ホストマミーの何かしらの言葉にバカうけするわたくし


話の内容はよくおぼえていません。。。
[PR]
by sanae-malaysia | 2010-01-18 13:40 | ホームステイなのだ

2010年始動

本日始発の飛行機に乗り、首都KLにやってきました。




a0131520_17242256.jpg




始発ですもの、そりゃあ爆睡するでしょう。







今回のお役目は、新隊員・新シニアボランティアへの委員会・分科会のブリーフィングです。
21年度3次隊は昨日KLに到着しました。
本日がマレーシア2日目ということになりますね。
隊員5名 シニア2名の合計7名  …わたしたちのときと比べたら大所帯です。

みんなのいる部屋に入ったら、なんとまぁ洗練されたおにいさんおねえさん方なんでしょう!!
身なりがちゃんとしていて
肌の色が白くて
こぎれいにしていて…

半年前はわたくしだってこうだったんです。
たった半年でこんなに違いを感じるトハ…






これからの生活にわくわくどきどきしているようでした☆すごいやる気も感じました。
二本松訓練所NTCのスタッフから「今回は粒ぞろいですよ~~」と事前にメールをもらっていましたが、まさにそんな感じです。

はぁー。 なんか新ボランティアからパワーをもらっちゃいました~



スリムンガシ内での活動もついに具体化します。
来週からは Independent Living Project の物件探しに入ります。
年末に開催した Staff Training ですが、今年から2か月ごとにやらせてもらえるようになりました。

Project も100%こちらの思いを伝えて始めるわけにはいきませんでしたが、あとはやっていく中で意識改革をしてくれたらなー  と、切に願いながら、もうただただ実行するしかありません!


隊員になりたかった頃の思いを呼び起こし、
謙虚に取り組むことにします。。。



2010年、始動☆彡




これからJICA事務所スタッフの「新年ボーリング大会」があるらしいのですが
なぜか隊員のわたくしの名前がエントリーされているそうなので、参加してきます。

<(_ _)>







 
[PR]
by sanae-malaysia | 2010-01-08 17:49 | クアラルンプールな日々

日本からのお客さま②

さて、


年末年始にジャパンからお客さまが来ていました。


ニシナは高校のときからのソウルメイトです。


いまや立派な英語のせんせーなんです。


学校のせんせーは一般と同じ時期にしか休みがとれないため、今回のチケットもさぞ高かったことでしょう。。。


でもよく来てくれました!!!



到着は夜中だったのですが、翌日早朝からダガット村にひとっとび。
ダガット村は川沿いの小さな村でした。
その小ささといったら、家の数は全部で14戸。
民族は「ティドン族」と言います。その昔インドネシアから渡ってきた民族だそうです。



ニシナは初めてのマレーシアで、ダガット村につれて行かれました。

マレーシアのイメージといえばダガット村 になっちゃったかな


カニ食いザルもテングザルも、マレーシアに普通にいるわけじゃあありません。
毎日川えびが食べられるわけじゃあありません。。


あら?
少し偏ったイメージを植え付けてしまったかしら???


ごごごめんなさい…



さてダガット後の元旦には、元隊員の結婚式にいってきました。




a0131520_18187100.jpg




えりちゃん、おめでとう。

この先いろいろ大変なこともあるだろうけど、2人で乗り越えてくださいね☆彡

応援しています。


末長くお幸せに~




ばたばたしながらもおめでたい年明けでした。

あとは帰国したニシナが旅疲れで倒れないことを祈るばかりです…


ニシナよ、こんなでよかったらまた来てや!













 
[PR]
by sanae-malaysia | 2010-01-06 18:23 | お客さまがやってきた

Selamat Tahun Baru

あけましておめでとうございます。



ジャパンはとっても寒かったとのこと


みなさま体調崩されていませんか?

紅白歌合戦は紅・白どっちが勝ったのでしょうか??

ゆく年くる年ではどこのお寺の鐘が聞けたのでしょうか???





ボルネオでは、それはそれは暑い年末年始でした。



とにもかくにも
2010年もよろしくお願いいたします
<(_ _)>



さてセンターも昨日から真夏の新年度がスタートしました。

新年度といえば桜のイメージですが、真夏の始業式でもちょっと新鮮な年明けでした。



2010年今年こそは役に立てるでしょうか、、、



むむむ…



とにかくがんばります。。。



年明けですので、あえてまじめに活動中のわたくしの画像を載せようと思います


まじめな姿、かなりレアです;



と、申しますか、



配属先で自分の活動の様子を自分で写真におさめることはなかなかできないことでして。


訪問者にとっていただいた写真です









a0131520_22335634.jpg




3リンギ×2人分の昼食代金を支払うのに、10リンギ札を出しておつりを計算してもらっている図。









a0131520_22361773.jpg




おそうじトレーニング中です。

清掃終了後にセルフチェックをしてもらっている図。








a0131520_22381091.jpg





最近髪の毛が中途半端にのびてきて、毛先がつんつんはねてタイヘンな状態なんです。
日焼けもしているのでバサバサだし、キューティクルもはげはげで。。。







コタキナバルのショッピングセンター「センターポイント」の中にある美容院「Cawaii」に入るべきかやめとくべきか…



最近の悩みのひとつです。




この「訪問者」さんについては、また後日☆






それではでは、
みなさまにとって素敵な1年になりますように
[PR]
by sanae-malaysia | 2010-01-05 22:49 | コタキナバルな日々


以前の記事
検索
カテゴリ
人気ジャンル
最新の記事
<終>ありがとうございました
at 2011-06-16 10:38
KK最終日
at 2011-06-14 18:30
隊員報告書とコメント。
at 2011-06-13 19:21
今日もお別れ会。
at 2011-06-13 19:07
オーブンと炊飯器
at 2011-06-12 22:14
ブログパーツ
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧