じゃらんじゃらん


青年海外協力隊平成21年度1次隊マレーシア・ソーシャルワーカーのブログ
by sanae-malaysia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2010年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

にっぽんから教わったことを活かす




a0131520_154764.jpg




うぐいすパン

千葉県流山市 さつき園さんのベーカリーのメニューです。

去年11月にレシピを教えていただきました。



自分の語学の訓練もかね、そのレシピをマレー語に訳してベーカリーの担当者にお渡ししました。






で、

きづいたら、

スリムンガシのベーカリーにこんな商品が出ていることに気づきました。







a0131520_15514969.jpg





うぐいすぱんをちょっと意識してる???



ねじるのが難しかったのでしょうか




あれ、


もしかして


わたくしの通訳が間違っていたとかいないとか










3つで1リンギ(30円)です
[PR]
by sanae-malaysia | 2010-05-27 15:57 | 隊員としての活動

そして

きょうは何の日だったのかというと




a0131520_22544838.jpg

"Hari Guru"="Teachers' Day"="先生たちの日"でした。
センターは午前中までで終わりにして、先生たちみんなで近くのゴルフクラブ内レストランに行き、食事をしました。














a0131520_22582859.jpg


「先生」について熱く語る理事長のダトゥ・ハジ。
「ダトゥ」とはエラい人に使う敬称です。
とても気さくなおじさまです。













a0131520_2342636.jpg
食事だけでなく、この半年以内に誕生日が来た先生&スタッフ全員にHappy Birthdayのお祝いもありました。
そういえば…この間はクリスマス会のときに、その前の半年分のはっぴーばーすでーをやった記憶があります。
この心遣い、かなり空気読めてる!
スリムンガシのこういうあったかいところが、とても好きなんです














a0131520_23115618.jpg


近場なので、もちろん海沿いです

だんだんなれっこになってきて、こんな景色もごく普通に感じてしまうのですが、

「タンジュン・アル」の場所からしても、まぎれないリゾートなんでしょうね…
[PR]
by sanae-malaysia | 2010-05-24 23:21 | スリムンガシセンター

にっぽんで学んだことを活かす


a0131520_1216481.jpg




千葉県野田市のひばりさんで作っている作品



早速まねっこさせていただいています





a0131520_12184124.jpg














a0131520_1220996.jpg



紙製の卵パックをミキサーにかけ、型押ししただけ!作業工程が簡単でかわいい作品です。
ひばりさんでは、模様の型を作るのに"クッキー用の型"を使用していました。KKにあるかどうかわからなかったので、100均で購入して帰りました。




a0131520_1228271.jpg

「サバ州」といえば「ウミガメ」でしょう~
















できあがりをお楽しみに…

























a0131520_12312973.jpg




うーわー

バナナに埋もれるーーー
[PR]
by sanae-malaysia | 2010-05-24 12:32 | 隊員としての活動

新校舎と美容院

ニホンから帰ってきたら、工事中の新校舎がかなりできあがってきていました。






a0131520_1533379.jpg





右の建物はマレーシア航空が建ててくれた校舎で、今は学校のジュニアクラス(1・2・3)が使っています。そして左が建設中の新校舎です。

どのクラスが使う校舎なんだろう

できあがりが楽しみです。







さてニホン滞在中の話ですが、どたばたしていたので私的な用事をする時間があまりありませんでした…


そんな中で

 ☀リフレクソロジー(体がだいぶ歪んでいたのを自覚していたので)

 ☀美容院(KKで美容院に入る勇気がなかったので)

だけは絶対行っておきたくて、最終日に強行スケジュールで行ってきました。




2か所とも、とっても気持ちが落ち着く場所でして



回数はそんなに頻繁ではないけど、もう何年経ちますでしょうか、ちょくちょく通わせてもらってます







a0131520_15494024.jpg






美容院→→→ jieji(千葉県松戸市) 
[PR]
by sanae-malaysia | 2010-05-20 15:54 | lain2 lagi(そのた)

にっぽん

ちょっくら帰ってきました




この1月からルールが新しくなり、任期2年間のうちに1回だけ、ニホンに帰ることが許されるようになりました。




この制度を使って、今回はセンターの障がい者スタッフと一緒に、ニホンの障がい者施設を巡ったり、ちょっとしたセミナーに出席したり、当事者どうしの交流をしたりしてきました。




8日間の弾丸ツアーだったので、田舎には帰省できず;

ソウルメイトにもだいぶ会いそびれてしまいました… ごめん




a0131520_857465.jpg

交流会でたこやきを作りました。この日、同行したセンタースタッフは、生まれて初めてタコを食べました。
別の日には生まれて初めて馬刺も食べましたが、「かわいそうだ~(/_;)」と言って2切れ目は食べようとしませんでした













a0131520_994368.jpg

今回、受け入れに際していろいろご尽力いただいた、千葉県東葛地域の「あにきの会」の代表のあにきの方々と

バックにラーメン屋さんの赤ちょうちんを入れようとしましたが、見事に失敗デス














このほかにも観光でTDRに行きましたが、そこでもソウルメイトたちが貴重な時間を割いてくれて、応援にかけつけてくれました
(*^_^*)非常感謝!



みなみなさまのやさしい心の集結で、今回の旅行が大成功におわりました☆彡


いい経験もたくさんできました。






昔から思っていましたが、わたくしはどうやら相当人に恵まれているようです。







みなさまからたくさんパワーをもらったので、


あと半分も元気に頑張れそうです。










同じ空ですが
1年前、初めてマレーシアに向けて旅立ったときとはまた違った景色に見えました


a0131520_9395235.jpg

[PR]
by sanae-malaysia | 2010-05-19 09:45 | 隊員としての活動

びざ

金曜日、新しいビザを受け取りました


わたしたちのビザは、1年ごとの更新です


…と、いうことは、任期折り返し地点にきてしまった ということです。


あわわわ~






ビザが無事に取れたところで、




明日からちょっくら"ジャパン"に帰ってきますv










a0131520_2314158.jpg







バイバイ ジャラーン!

8->
[PR]
by sanae-malaysia | 2010-05-09 23:05 | lain2 lagi(そのた)

カリ クパラ イカンの作り方


リクエストをいただきました、マレー料理の作り方をご紹介いたします。


こちらの料理本からの情報と、そこらへんにいた料理上手なおばちゃんに聞いた情報を合体させたものを載せます☆



a0131520_14264876.jpg






カリ クパラ イカン

英語名:フィッシュヘッドカリー
日本名:魚頭カレー(!?)

その名の通り、魚の頭が入ったカレーです。


<材料(4人分)>

・大きな魚の頭 約600g
  魚の種類ですが、大きい魚ならなんでもいいそうです。赤い魚の頭は可食部が多くておススメです

・オクラ 8本

・チリ(生のとうがらし)2本 を2等分に切ったもの

・カレー用の香辛料(カレーパウダーや日本で売っているルーでも代用可) 1と1/2袋(←意味不明なので味を見ながら適量で。)

・カレー用のハーブ・スパイス 少々
 本気で全部そろえようと思ったら何種類もあって大変です。ガラムマサラ・ターメリック・コリアンダー・クミンあたりで入手可能なものを…

・ココナッツミルク(薄めていないもの) カップ1/2
 牛乳で代用可です

・カレーリーフ

a0131520_15481459.jpg


こんな葉っぱです。日本にはきっとないので、入れなくても平気です


・薄めたココナッツミルク カップ1/2に塩を加えたもの
 牛乳でも代用可です

・赤玉ねぎ(小)4個とニンニクひとかけをすりつぶしたもの
 赤玉ねぎは普通の玉ねぎで代用可です。普通の玉ねぎ使用だと1/4個くらいでしょうか、

・赤玉ねぎ(小)2個とニンニクひとかけを薄切りにして油で炒めたもの
 赤玉ねぎは普通の玉ねぎで代用可です。普通の玉ねぎは、入れれば入れるほど甘みが増すので、量はお好みで。。ちなみにこちらのカレーはほとんどが辛口~激辛なので、本場の味を楽しみたい!という日は玉ねぎ控えめでお願いします

・トマト 適量
 最後、煮込むときにいれます

・asam jawa → 梅かレモングラス

・水




<作り方>

*香辛料とカレーパウダーをボールに入れ、薄めたココナッツミルクと一緒に混ぜます。そこに"asam jawa"という臭み抜きのための実(すっぱいやつ)を入れます。asam jawaは梅やレモングラスでも代用可です。

*すりつぶした赤玉ねぎとニンニクを、さっきの香辛料と一緒に混ぜます。

*ハーブと赤玉ねぎを炒め、黄色っぽくなったところでカレーリーフを入れます。

*まざった香辛料たちを鍋の中に入れ、弱火にかけます。

*油が分離してきたら、水を少量と薄めていないほうのココナッツミルクを入れます。

*それをぐつぐつ煮たあとに、魚の頭・おくら・トマトを入れ、塩で味を調えます。


*できあがり*




大きい魚の頭がないときは、普通の大きさの魚をまるごと使って、同様にして作れます。
小さめの魚で作る時は、まず魚を一度素揚げしてから、カレールーの中で煮ます。こうすれば、身が崩れずにすみます。


こちらのカレーは、日本で作っていたのよりも少々水っぽく、少々辛いですが、こくがありとてもおいしいのです



マレー料理レシピ 第一巻でした
[PR]
by sanae-malaysia | 2010-05-04 16:22 | マレー料理レシピ集

福祉分科会

この一週間は、とてもまじめに過ごしました。


…あれ、自分で言っちゃった!?


ボランティアの中で、福祉系(特殊教育・福祉<巡回型>・福祉<NGO施設など非巡回型>)で活動する人たちで構成する「福祉分科会」が首都KLで開かれました。


今回のテーマは、「各機関の連携」。


連携って大事なことですねぇ~



そして内容は、ワークショップと福祉局でのカウンターパート会議



その模様は、写真とともにお送りします





a0131520_19235482.jpg


それぞれが抱える問題点やら課題をグループごとに挙げ、話し合い、整理しました。














a0131520_19275146.jpg


福祉局配属で、CBRセンター(マレー語では"PDK"という)を巡回している隊員のグループ。
福祉分科会の「メイン」とも言える人たちです。














a0131520_19341528.jpg


ボランティア派遣が最近増えてきたらしい、教育省配属の特殊教育関係のグループ。


















a0131520_19372783.jpg

少数民族・施設配属その他のグループ。
撮影に対し、閉鎖的行動に出ています。











出てきた課題を共有し、どの分野にも共通している課題と、その解決策や提案したいことを話し合います。
ここからは分野を超えたグループ編成となり、少数民族はそれぞれ散らばっていきました…












a0131520_19482147.jpg

話し合ったことを、翌日プレゼンするために準備します。

エンドレスで…


















a0131520_19501498.jpg

途中、新所長と一緒にアイスブレーキングなんかしちゃったりして




















a0131520_19543849.jpg
ようやっとできた資料は、この場で披露されました。
福祉局が主催、各ボランティアの配属先のカウンターパート(一緒に活動を進めるパートナー)が勢ぞろいの会議です。わたくしのカウンターパートのジョアンさんは、あいにく欠席。理由は、カウンターパートの交通費はそれぞれの機関持ちだったからです。政府の人たちは公費が使えるので問題はなかったのですが、NGOにとって、サバから首都までの飛行機代はあまりにもイタイ出費…ということで来ることができませんでした。JICAとしても「マレーシアはすでに中進国で、国の状況からしてもお金が出せるだろう」という判断で、手助けはできませんでした。うむ、ごもっとも。







普段はバラバラな、福祉局・教育省・NGOが一同に顔を合わせる、とーてーもー貴重な機会だったと思います。










a0131520_20115123.jpg

活動報告の発表の出番を待つ人たち。 
この活動報告のあとに、課題解決&提案の発表をしましたが、これは長年いるボランティアが中心となって進めました。発表の内容と話し合いの持って行きかたについて、今後のいい勉強になりました。










「~がない」「~ができていない」など否定の連発は、聞いているほうはそのうち開き直って「あぁ~そうだよ、だからボランティアに来てもらってるんじゃない。だからあなたたちがなんとかしてよ!」ってことになりかねません。もともとそう高くないモチベーションがもっと落ちてしまう。

「相手の心をいつの間にか動かしている」話の持って行きかたって、大事ですね~

しかもマレー語でですからね~~;




センターでやっているスタッフトレーニングで、いろいろ実験してみようと思います。

いつかもしも心が動かせたら、そのときはよくやったとほめてやってください。。。
[PR]
by sanae-malaysia | 2010-05-01 20:35 | 隊員としての活動


以前の記事
検索
カテゴリ
その他のジャンル
最新の記事
<終>ありがとうございました
at 2011-06-16 10:38
KK最終日
at 2011-06-14 18:30
隊員報告書とコメント。
at 2011-06-13 19:21
今日もお別れ会。
at 2011-06-13 19:07
オーブンと炊飯器
at 2011-06-12 22:14
ブログパーツ
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧