「ほっ」と。キャンペーン

じゃらんじゃらん


青年海外協力隊平成21年度1次隊マレーシア・ソーシャルワーカーのブログ
by sanae-malaysia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2010年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

快調デース

長いことがまんしてれば、いいことって必ずやってくるもので


ネットが快調でーす


ま、もっとも1時間後につながっているかどうかは不明なところではありますが
これってはたして快調といえるのかどうか。。。


ともかく快調なので怒涛の更新です!





この時期にまできて、ブログ書くヒマがあったらちゃんと活動せいや~





って、自覚してますのであまり責めないでね


うししし






さてこの2月からやってきたIndependent Living Projectですが、来週のグループを最後にジ・エンドをむかえます。


ILH(Independent Living Home)に住む利用者さんですが、最初のグループは1ヵ月・次からは状況により1週間or3日間、住み慣れた自宅を離れなじみのセンターを離れ、まったくはじめての外の環境で友だちとスタッフと生活しながら、生活に必要な家事やらなにやら(わたしたちは"Independent Living Skills"と呼んでいました)を学びました。



にっぽんの制度と違って、こちらでは地域生活に関する制度…要は政府からの補助が一切出ない中で→→→ずばり、生活費とトレーニングスタッフへの支払いを100%自己負担(保護者負担)でやりました。
保護者は直接、家賃・光熱費・食費・staff feesを支払います。ちなみにセンターの収入は一切ナシです


また、はじめは独立した部門でやれるということだったのですが、了承が得られず(理事会・CEO・施設長のどの段階でストップがかかったのかは不明です)センター傘下のプロジェクトになったため、センターのスタッフが日勤+夜勤+日勤の連続…(T―T)。にっぽんの労基法がここでも同じく適用されるのだったら間違いなくアウトです…  ってか、労基法があったとしてもだからナニ??そんな悠長なことは言ってられない。これがNGOなんです…




センター傘下で地域生活部門を進める と分かった時点で、早く次の方法を考えねば。。。と頭を悩ます日々を送っていました
すでにこの規模の施設でできる範囲を越えていたーーー;




利用者さんを守ることがセンターの役目なら、今回の隊員の役目の1つはセンタースタッフを守るように働きかけることかなー とも感じるようになり、その方向にも動くようになりました 
もはやこの国では、そちらのほうにも目が向けられるべき状況にある と個人的に思います。


話はもどり。
ILHではそーんな問題がありながらも、保護者も知らなかった利用者さんの潜在能力 やら 利用者さんとわれわれの関係が密接になったこと やら 保護者の(自分の子どもの将来の生活について)ニーズがかなりあるという発見 などなど短期間で大きな成果があがりました
 
 


来年からはHome Trainingがはじまります。


これは、経済的負担が大きいこととマンパワーの問題を克服したくてがらっと方法を変えるのですが、


センターにとってもはじめてのチャレンジとなります。


簡単に言えば、1福祉施設の職員が訪問も兼務する 状態です。


すごすぎーーー!


両方がこなせるようになった時は、スリムンガシスタッフは福祉現場の神様になることでしょう


☆彡



もともと地域の中にある"自宅"でLiving Skills を学べるということは、施設と言う隔離された環境以外である意味本来の「地域」の中でリハビリテーションができる
…これこそがCBR(地域に根差したリハビリテーション)ではないかーー!

と。


…実はニホンで働いていたときから思っていたのですが、


主に施設で働く人たちが多用していたコトバ…


当事者を「地域にもどす」


その「地域」ってナニ?


そして隊員になって派遣されて、福祉系の隊員の合言葉みたいになってる"CBR"…


あれ、ここでも「地域」ってコトバが出てきてる…


地域って、福祉的にはなにをクリアすれば地域と言うのか。




もともと「地域」から来た(と思っている)人にはナゾなんです




施設は地域のなかにあるのに、地域と呼ばないのか。


自宅自体が隔離されてる状態にあっても、自宅を地域と呼ぶのか。。






地域ってコトバを、なにか意味があるようにさかんに使うから、そこからはじき出される人が出てくるんじゃないか…
って思ったり思わなかったり。



こんなところで引っかかっているようでは、
まだまだ福祉の素人ってことでしょうかね

が~ん






ま、いっか。


素人は素人らしく、今はただ目の前にあることをやるのみです







a0131520_23295596.jpg




a0131520_23305930.jpg






あぁー

もうすぐクリスマスですねぇ~
































これら
かわいすぎるクリスマスカード、まだまだオーダー受付中でーす
[PR]
by sanae-malaysia | 2010-11-26 23:42 | 隊員としての活動

きんぐだむ

"ネットがつながるうちが華"とはよく言ったもので
誰が?



いまのうちに更新しておくのです








先週・何曜日からかはだかさだかではありませんが



観光がてらボランティアをしに来た(っぽい)UKのボランティアの娘と今日さっきともだちになりました
年も聞かない・いつまでいるのかも聞かない・何をやってる人なのかも聞かない…人間ウォッチングが趣味なワリには、いつも相手のことを最初に聞かないんですけどナゼでしょうか







彼女は、カンペキ年下と思われるのですが、背も高いし風格があり落ち着いているので年齢不詳。

そのあたりはおいおい聞いていくことにしましょう



…で、そのともだちに言われた言葉



「マレイシア語みたいな英語やねぇ」



(p_-)




それはそれは。すつれいしました。


かちんこちんのわが言語脳がマルチプル対応できませんで




(p_-)(p_-)







年末ににっぽんから来る友に、"基礎英語"の教材を寄付してもらうことになっているので、年明けからは本気でえいごを勉強しますとここに誓います
まずやることは!アラビーチックなRの発音を直すことからでしょうね


で、で、その娘さんは未だにタンジュン・アルの夕日を見たことがなかったらしく、雨もふってなかったことだしさっき一緒に観てきました。そしたら彼女はきっと「バカ」がつくほどの空写真愛好家で、空写真の撮り方をそれはそれは丁寧におしえてくれました…



その作品集です





a0131520_21393044.jpg




パシッ








a0131520_21404010.jpg




パシッパシッ
ふつーにデジカメ使ってるんで、実際にはこんな音してませんけどね。イメージでね。





a0131520_2141578.jpg






師匠:「ひとつの景色を、いろんなアングルから撮らなきゃダメよ!」


メガネ:「は~い、ボス」













a0131520_21444962.jpg




師匠:「ちょっとフラッシュ消してみて!」


メガネ:「は~い、ボス」
    「(ってかカメラを夕日モードにしとるから最初っからフラッシュつかんようになっとるし…)」









a0131520_21494242.jpg




んっと

要は疲れちゃったんですよね

最後のほうの作品は、ほとんど"手ブレ"してました







そんなわけで

彼女、とってもいい子そうです




今はスクールのほうにいますが、近々vocationalにうつってくるそうなので、その日を楽しみに待っています

(^-^)













a0131520_2159023.jpg



いきなり話がかわりますが。今のわたしにとってはまぶしすぎる食材!!!


ナオコさん、ありがとう~~(T_T)感涙


貴重な食材につき、ありがたくいただきます!
[PR]
by sanae-malaysia | 2010-11-23 22:08 | コタキナバルな日々

ぱぎー

おはようございました


すらまっ ぱぎー






自主トレーニングでしこをふみ始めましたsanaemalaysiaです




いやいやホントウにやってます





来年4月にまさかの"キナバル山再登山"の話があって、行くのか行かないのか、ちょっとトレーニングしてみて、あとは直前におヒザと相談しようと思いましてね☆







我が歯を心配し連絡をくれたおともだちのみなさま、どうもありがとうございました<(_ _)>



その後、痛みが大きく再爆発することもなく、炎症もすっかりおさまったみたいです




…でもいつまた痛みがくるかと思うと心配で、、夜も










…眠れてます。爆睡です。







さて昨日、校長がネットを消し忘れて帰ったようで。さらに接続状態もよく、昨日の夜中からネットがつながりっぱなしという恵まれた環境にあります☆彡


しかーも
今の部屋はオフィスの真上にあるため、部屋の中からねっとっとが使えちゃう



ありがたや


ぐふふ




a0131520_9591220.jpg





はい これ今朝の部屋からの景色です。ちょっと曇ってますが海がみえますかーーーー?




これが夕方になると





a0131520_101354.jpg





また曇ってるけどー;


そういえば雨期みたいです








10月に人事異動があって、スタッフの異動が少しあり、センター内にもちょっとした変化がありました。で、スクールサイドで長年やってきたベテラン先生が一人、vocationalに新しく入りました。
その先生…今は"スタッフ"か
学校⇔施設で職員が異動すると、仕事の内容も先生⇔スタッフとなり、混乱します~
が少し前にこそこそ作ってて、人知れず張り出していたものが、これ





a0131520_10165754.jpg





"新着ニュース!!!!


求人あり


場所:キャンティーン、ベーカリー


職種:キャンティーンのお手伝い、ベーカリーのお手伝い




興味のある方は、担当者Dgさんかヒマさんまでご連絡ください


締め切り:2010年11月18日"





これ、要は「求人広告」ですよね



こういうセンス、個人的にとっても好きで…



むむむむ。この人から学べることがたくさんありそうだなぁ と感じたわけなんです。





新しい強力なスタッフを迎えて、vocational部門は来週から来年にかけて新しいプロジェクトが立て続けにはじまり、より一層忙しくなります。


まずは来週から、街(KK市内)のフードコートで「出店」をはじめます

そして年明けくらいから、コロロメソッド部門(主に自閉症のための行動療法)の本格的な導入と、地域生活のほうでは今やっている"Independent Living Training"を閉めて "Home Training"にかえて再出発します。



Home Trainingの詳細やら運営については今週の打ち合わせ以降、後日また書こうと思います。


ILトレーニングは1年間で一応仕上がったということで、来年からは「地域生活」の視点をかえ、スタッフが利用者さん宅に伺ってLiving skills trainingを行うやり方で、残りの任期やってみようと思います…


にっぽんの「ホームヘルプサービス」ならぬ、「ホームトレーニングサービス」のような形をとりたいかなと。。。



ほんと、むずかしす…    2年じゃ時間がたりないよぅー



まだまだ手探り状態だすし



苦肉の策ですかね


hahaha




それで今は、この1年のILの総まとめレポートの作成にとりかかってまして
莫大ナリ~(/_;)



あーーっ!



最近オフィスワークが増えたから歯が痛くなったのかも



どんだけジム仕事をきらってんだ~


|:3ミ






と、いうわけで


今日はKKでセルフアドボカシーグループ"カンガルークラブ"のミーティングがあるので、ちょいと顔をだしてきます。彼ら、この前シンガポールに旅行に行ってきたんですよ!その報告も聞いてきまーす






ではでは




みなさまどうぞステキな日曜日を



[PR]
by sanae-malaysia | 2010-11-21 11:03 | 隊員としての活動

歯歯歯歯歯

隊員生活、最大のピンチがおとずれました



とつぜん歯が?いや歯ぐきが?痛くなったのです



ニホンを離れる2年間、お医者と歯医者のお世話には絶対なりたくない!!と思い、特に歯に関しては出発前に完璧になおしてもらったはずだったのに…
お医者と歯医者は大のニガテ~

1週間少し前から片方の前歯に異常な痛みを感じはじめ



気のせいだ・気のせいだ と念じていたにもかかわらず
こちらに来て、ピンチになるとよく「念」をつかうようになりました;


ある朝爆発的に痛み
ふぇーん


ジョアンさん(カウンターパート)に「そこそこ信頼できる歯医者さん」を紹介してもらい、思い切ってその日の午後に受診しました
前歯だしなんかあったら一大事だし

マレーシアの歯医者さんは、技術面でそんなに進んでいるわけでもなく、すぐに抜こうとするので注意! と説明を受けています。日本の歯医者さんでさえニガテなのに、行く前からもぅこわくてこわくて
(p_-)


ジョアンさんが紹介してくれたのは、政府系(安い)ではなくて私立(高い)の歯医者さんで、先生も絶対信用できない感じではないタイプの方でしたが、中華系で、マレー語を話しても英語を話しても全部中国語に聞こえて…要はsanaemalaysiaの耳では聞き取りにくく、それもまた不安要素だったのであります…


前歯のレントゲンをとってもらいましたが、レントゲン上では異常はなく…

痛いっていってもパナドール(こちらでは一般的で有名な痛み止めの薬)飲まないで済んでるんでしょ!?

だから、もうちょっと様子見てみて、痛みが我慢できなくなったらまたいらっしゃい

そのときに神経を抜きましょう。でもその治療には500リンギくらいかかりますからね

的なことをおっしゃってた と思う…



げげげ

やっぱ抜くんだ!

抜かなきゃいけない状況まで待って、その間のケアはなしかよ~
聞き逃したのかなぁ? イヤ、言ってなかったと思う…

ってか500リンギって完璧に外人向けのノセノセ料金じゃん! 隊員の1ヵ月の生活費の約半分ナリ



不信はつのり

歯も心も痛いまま歯医者を出ました…


(T皿T)




ニホンに帰りたいとはじめて切実に思いました



結局帰ってからネットで調べたんですけどね;




そしたら昨日、とつぜん痛みが消えたのです


エ? ナンデ??


考えられることといえば…先月からゲストルーム前の廊下と近辺の工事がはじまったのですが、1週間ほどで終わるだろうとふんでいたものが結局1ヵ月ほど経った今でも続いており、 労働者数と仕事量からしてもなんでこんなに手間かかってんだー!!!と言いたくなるほどの手際の良さ。 基本ストレスフリーではありますが、これほどの長期間障られた生活してると(ホコリや朝・晩の騒音)神経も参りますわな~


で、昨日から住まいをかえてもらいました


そしたらぱたっと痛みが止まったのです!

(゜レ゜)




体って正直なんですねぇ


そして、歯って大事なんですねぇ




残りの生活、どうか歯医者さんのお世話になることがありませんように…


(>人<) タノミマス
[PR]
by sanae-malaysia | 2010-11-14 14:48 | lain2 lagi(そのた)

トレーナー・ヴィーにっぽんに行く

クラフト部門でトレーナーをしているヴィーが、このたびにっぽんに行くことになりました。



JICAの青年海外研修というのがあり、今回は鹿児島で福祉制度を学んでくるという内容。



マレーシア国内で15人の枠があり、そのうちの1人にヴィーが入りました。



彼女は25歳とセンターの中では若手のほうに入ります。人と接するときの真摯で真剣な態度がとっても印象的で、きっといいワーカーになるんだろうなぁ と、かげでずっと思っていました。




ただひとつ、気になっていたのが

とても×2 コンサバティブだってこと。

考え 経験のないことを異常なまでに恐がることとか、食べるものとか 野菜がキライで揚げ物しか食べないって…

でもまぁ、生まれて一度もサバ州を出たことがないって人もたくさんいるし、偏食家だってたくさんいるし、ここにいればそんなに大した問題ではないっちゃぁないんですが、、、
チャンスあらば殻を割ってほしいかな と思っていました。
 


なので


この研修の話が来たとき、まよわず


絶対ヴィーが行くべきだっ<`ヘ´>! とものすごいプッシュをしました。


本人にもJICAにも 



そして見事権利を獲得!



ヴィーはこの旅ではじめて海外の地を踏みます。




ビザ取るのも、ニホン総領事館に行くのも、大きいスーツケースに荷物詰めるのも、長袖を用意するのも全部はじめてで


毎日なにかについて「どうしよう(*_*;どうしよう」と言ってはりましたが


今日なんて出発前日ですが、カメラを充電したいときの"アダプタ"のことで終日「どうしよう」って言ってはりましたが(笑)



にっぽんに行ったら毎日ハードスケジュールで、今みたいに恐がってるヒマはないと思うよ…
JICAの研修は、生活費が出る分求められることも多く、ものすごくタイヘンなのです

と、心の中で思いながら。







かわいい子だから、旅をさせたかったのですv




まずKKからKLに出て、ほかのメンバーと合流し、KLからTOKYOへ。

羽田から福岡まで飛んだあと、福岡でブリーフィングを受けて新幹線で鹿児島へ。

あすから12月1日までの2週間とちょっと。



大冒険だぁ~








煮物とか酢のものとか、食べれるようになるといいなぁ



にっぽんの福祉施設を見て制度を知って、いろいろ感じてくれたらいいなぁ



いっつも体験してきた人の報告をきいてばっかりだったから、今度は実体験でみんなに報告してくれるといいなぁ






がんばれ・がんばれ
[PR]
by sanae-malaysia | 2010-11-12 20:10 | スタッフシリーズ

そしてそして

今回の総会の主なプログラムは、その他こんなかんじでした

*会則の確定
*健康と安全に関する体験談の発表
 →→安対の内容をもう少し庶民的で分かりやすくした「体験談の発表」形式の情報共有
*委員の改選



何って半日にこの内容を盛り込むってのが我々ながらスゴイ。




番外編で、
今回の総会委員4人中3人がサバ州配属ということもあり、



「サバ州にしかない伝統お菓子」の披露もしました



a0131520_192195.jpg

a0131520_19224288.jpg





















陰で好評だったみたいです。









総会のときの服装ですが、一応「正装」です。日本式のスーツを着てもマレー的な「バジュ・バティック」を着てもどちらでもオッケーです。マレーシアの総会ではマレーの正装(バジュ・バティック)を着る人の割合が多いでしょうかね。で、総会が「同期バジュ」のお披露目会の場でもあるということがマレーシアの特徴とも言えますでしょうか…





a0131520_19353140.jpg



わたくしたちの1隊次あとの、21-2の同期バジュ。
「ワンマレーシア」生地で相当目立ってました!
勇気に脱帽…






a0131520_1939966.jpg


これは、2010年の総会委員のおそろいバジュ。
委員でおそろいバジュって、もしかしてはじめての試みだったりするのでしょうか!?
ちなみに正確には「総会委員+総会委員担当の調整員バジュ」です



この場で事後報告でスミマセン…

みなさん、載っちゃってます…
[PR]
by sanae-malaysia | 2010-11-05 19:44 | 隊員としての活動

アニュアルなこと

時期がいったりきたりしますが


先月下旬に首都KLに上京したおはなし。


今日のは報告書をつくるときにふりかえりたい用の記事なり☆




今回の目的は

-赴任1年目の健康診断任期中に2回あるうちの2回目
-福祉分科会
-安全対策協議会
-ボランティア総会

でした。

マレイシアな生活も1年を過ぎると「例年の行事」の2回目を経験し

「去年とくらべて今年は…」

と、いっちょまえに比較ができるほど落ち着いて行事に参加できるようになります。


今回の行事の中の"ボランティア総会"は、総会委員だったため仕切り役に。

去年10月の就任後、ケッコウ早い段階から動きだしていたのですが、年度をまたぎながら世の風を仰ぎながら内容をどんどん変え、いやはや一体どうなるのかと思いながらも先月無事に総会を終えることができました




a0131520_1828792.jpg


総会の前に、外務省主催の「安全対策協議会」というものがあり、マレーシアで安全な生活をするためにはどうしたらいいのか という勉強(!?)をしました。これも年に一度ある行事のひとつです。


a0131520_17474065.jpg


わがコタキナバルのあるサバ州は、マレーシア14州の中でも1番犯罪件数が少ない州
どうりで平和ボケしてしまうわけだ~~
この数字をみれば国内では安全なほうと言えますが、、、

わたくしの今住んでいるセンターでは、ほんの少し前までは強盗などが頻繁に入り、住むのには危険なところだったのだそう。
そんな話を聞いていると、わたくしの平和ボケした生活は、ローカルの人の注意と緊張の上に成り立っているのだなぁ 

今年の"安対"ではそんなことを感じながら話を聞いていました。



で、安対のあとは、2010年度ボランティア総会


a0131520_1872911.jpg


年に1度、ボランティアが顔を合わせる貴重な機会です。大使館からお客様にお越しいただき、活動紹介とあわせて、今年は配属先で作っている製品や商品の紹介と販売を加えました


a0131520_18125679.jpg

a0131520_18162457.jpg

a0131520_18175256.jpg

a0131520_1819411.jpg

a0131520_18203972.jpg

a0131520_182154100.jpg









































普通のお土産やさんでは売っていないような、味のあるものばかりです
民族の製品とか、マレーシアのローカルマテリアルにこだわった製品とか











現地の生活に入り込んで活動するボランティアだからこそ、紹介できるものばかり。























これぞ、ザ☆草の根です


「小さな草の根ショップ」って感じでした






やっぱりこうやって写真で見てみても、

できればこの場を一般公開したかった…
[PR]
by sanae-malaysia | 2010-11-05 18:48 | 隊員としての活動

我がセンスを疑いはじめる。

そんなこんなで


sanaemalaysiaのマレーシアンな生活も「長期間」と呼べるホド長いことなってきました



これはマレーシアに馴染んでいる証しなんですけどね、味覚とセンスがもはやぶっ壊れてましてね
うすうす気づいてましたが…


味覚でいうと、にっぽんの"うまかっちゃん~とんこつ味~"を食べて


あっさり味だぁ~

(T_T)

って感動したり
とんこつ味がだよ!




にっぽんのカレールー(中辛)で作ったカレーが、甘すぎて2口目から食べれなかったり
リンゴとはちみつが恋をしたメーカーのだったから、なおさらだったのかもしれない…



こうやって書いてても、なんかだんだん不安になってきた





で、味覚だけじゃなくって、着るものとか身につけるもののセンスも、だいぶ常夏の国化してしまってるのかなぁ








a0131520_10284592.jpg


今はいている靴たち
シンプルなのがひとつもないよねぇ




a0131520_10304937.jpg



a0131520_10313264.jpg


















財布やらポーチやら

どこぞのチープな王女さまみたいになってるけど…













a0131520_10352555.jpg






a0131520_10361048.jpg













巻物(飛行機の中での防寒や海に行ったときに使う)やシュシュ(髪の毛をしばるときに使う)やら…


















a0131520_10385150.jpg





ズボンやら
真中のズボンなんて金ぴかですけどなにか?












a0131520_10414112.jpg



上着やら






いや、いやね


これで「銀ぶらできるかなぁ?」なんて高望みなことはいいません。


せめて岡山駅か倉敷駅がウロウロできるくらい… であれば…









わたす、


ニホンに帰れる権利アリマスカ



???
[PR]
by sanae-malaysia | 2010-11-02 10:48 | lain2 lagi(そのた)


以前の記事
検索
カテゴリ
人気ジャンル
最新の記事
<終>ありがとうございました
at 2011-06-16 10:38
KK最終日
at 2011-06-14 18:30
隊員報告書とコメント。
at 2011-06-13 19:21
今日もお別れ会。
at 2011-06-13 19:07
オーブンと炊飯器
at 2011-06-12 22:14
ブログパーツ
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧